DTMでミックスダウン初心者が取り敢えずやっておくべき簡単な事!ローカットをする意味はあるのか!?

音楽

本日はミックスダウンについてお話しします!

私もミックスダウンが苦手で今も尚ずっと試行錯誤を続けています。

 

私が音楽を作り始めた時、「何故ミックスダウンをするのか?」と「取り敢えずこれやっておけば基本は大丈夫」をずっと知りたかったので今回はこの2点を簡略にお伝えして行きます!

何故ミックスダウンするの?

そもそもミックスダウンとは!?

始めは私も全くこの言葉の意味が解りませんでした!

ミックスとは沢山あるマルチトラックをL/Rのステレオトラックに上手に収めましょうという事です!

伝説のトラックメイカー
伝説のトラックメイカー

そしてその収め方は人によってバラバラで個性が出るよといった話です。

取り敢えず色んな音源データを纏めて、一曲の聴ける状態にしましょうという魂胆です。

これをしないと曲にならず再生出来ないので重要な作業ですね!

 

では「ただ纏めれば良いんでしょ?」と言われれば全然違います!

良いミックスと悪いミックスの違い

正直ミックスダウンに正解は無くて、仮にミスチルのメンバー全員が「最高だね」と言っていても自分が「このミックス猿でも出来るな!1ミリもDOPEじゃねー」と思ったらどちらも正解なんです。

 

ただし無理矢理良いと悪いでこじ付けるとしたら、主観性しかないミックスダウンと客観性があるミックスダウンに分けられます!

これは自分だけが楽しめれば良いという考えVSみんなにも同じ様に音楽を楽しんで欲しいという考えに分けられます!

自分だけ楽しいのであれば自分がルールなのでどんなミックスダウンでも良いと思います。

しかし大勢を楽しませたい場合は客観性が必要となるので知識やテクニックが求められるという事です。

ここでの客観性というのは「自分をコロシテ流行を追え」と言ってるのでは無くて、自分と他人を含めて一番腑に落ちるミックスダウンを探るという意味合いです!

簡単に言えばシコるのかパコるのかの違いです!

 

ミックスダウンは難しくてめんど臭い!?

ミックスダウンの教本を買うと覚えることはクソ多いし、長いし、用語は解らないし、写真も良い女も出て来ないので最後までいつも読めないんですよね!

しかも結局は耳で聞いてその都度判断しろとか書いてあるのでじゃ今までのは何だったんだという状態になりかねません。

私は取り敢えずこれをやっておけば良いを一個でも知りたかったのに1から100まで教えてくるのでいつも混乱していました!

ですので今回はマジで1つだけ最低限やっておけをお伝えします!

 

ミックスするなら全てにEQでローカットをぶち込む!

 

簡単過ぎます!この1つだけ覚えておいてください。

取り敢えず全てのパートにEQでローカットをぶち込んであげて下さい!

 

ローカットを入れるメリット!

全体のモコモコ感の解消

ぶつかり合っていた低域がカットされるので全体の鳴りがスッキリします!

被っていた上ネタの低域が削れるのでドラムがしっかりと立って来て最高に気持ち良いです。

2ミックスにSP-404のコンプを掛けるとローをカットしてるぶん均等にコンプが掛かるので音のバラツキを抑えることも出来ます。

グルーブが出やすい

特にハイハットなどのローが邪魔してるとドラムのグルーヴ感を阻害してくるのでカットするだけでスムーズな音像になります。

たかがローカットですがグルーヴにも関わってくるとなると非常に重要です!

ベースをしっかり聴かせることがで出来る

低域がカットされているのでベースに含まれている低域を誰にも邪魔されずに効かせることが出来ます。

HIPHOPには非常に大切な事ですね!

但し注意点としてはベースはローカットを入れなくても良いと言うところです!

せっかくの低域が無くなっちゃうのでここは残しておきましょう!

逆にキックはしっかりローカットを入れてあげて下さい!

ローカットの注意点!

結局カットする帯域は耳での判断は必要

ネタやドラムもこの辺りをローカットしておけば良いという定石はありません!

毎回同じ帯域を切ってしまうと切り過ぎの可能性も出てくるのでやり過ぎてないか、、その都度パートによって確認が必要です。

逆にピアノとかだと200 Hz以下を大胆にカットするとハマるなどイレギュラーなパターンもあるので。

ガチガチにルールを決めてカットしてしまうと危険です!

特にベースやバスドラの低域には注意

ベースがデカ過ぎると、SP404のコンプを掛けた時に低域が出過ぎて上ネタが潰れてしまう可能性もあるのでもしで過ぎていたら少し音量を抑えるかカットしても良いかもしれません。

コンプかけた後にバースが足りなかったら後でそこだけ上げてあげるのも良いと思います!

 


 

こんな感じですかね!

私の手法ですとあくまでもジャンルがHIPHOPでSP-404を使用する前提のミックスダウンでもあるので、JPOPのミックスダウンにはあまりアテにならないかも知れません

ご了承くださいませ!

但しローカットはどんなジャンルでも基盤になって来るのでやってみて損は無いと思います!

ミックスダウンを深く学びたい人はこちらの3冊がオススメ!

コメント

タイトルとURLをコピーしました