座り仕事の疲れが全部取れる 「コリほぐしストレッチ」 という150,000人が大絶賛したベストセラーの書籍を読んでみて思ったこと。

リモートワークやビートメイクで腰痛や肩がガチガチな方必見!

座り仕事の疲れが全部取れる コリほぐしストレッチ

という150,000人が大絶賛したベストセラーの書籍を読んでみて思ったこと。

トラックメーカーでもリモートワーカーでも椅子に座ってでの作業がかなり増えていると思います!

そうなると腰痛や肩こりなどに悩まされている方も多いんじゃないでしょうか?

 

私もそのうちの1人なのでこの150,000人が大絶賛していると言うストレッチの教本の大ベストセラーを購入して少し勉強してみました。

結論から言うとかなり期待していたんですが、ほとんどが中学生の部活とかで経験するようなストレッチばかりでこの一発でめちゃめちゃ楽になるみたいな目から鱗みたいなものは一切ありませんでした。

 

いきなりDISから入ってしまいすいません。

もちろん今までで知らない知識も本に載っていたりはするんですが、正直なところ8割は専門的にでは無いですが大体は知っているような内容であまりピンときませんでした。

 

これが1300円とかでで販売されているとなると恐ろしいです。

 

例えばハムストリングをのばしたり、首をのばしたりするストレッチ等はおそらく誰もが1度はやったことがあるものだと思います。

中学や高校で部活などに入っていたらおそらくこの本に載っているストレッチの半分以上はやったことがあるものだと思います。

 

もちろんそれをデスクワーク時にしっかりと応用できるかと言われたら別問題かもしれないですが目新しさみたいなものはありませんでした。

 

もはやイントロ部分からずっとディスが続いていますが申し訳ございません。

 

この本で言いたいことを超簡単に要約すると

デスクワークをしている人はマッサージなど行くだけはては疲れが取れません

それは一時的なもので時間を置いてしまうとすぐにまた硬い筋肉に元通りになってしまいます。

座っているだけでどうして疲れるのかと言うとパソコン画面を見たりキーボードを打つ姿勢をいろんな筋肉が固定してキープしているからその部分の筋肉が硬くなってしまいます。

 

それによって筋肉が骨盤などを引っ張って猫背や巻き肩などに姿勢もどんどん変化していってしまいます。

マーにゃん
マーにゃん

それを解消するためにストレッチをして血行促進し老廃物を流して筋肉のこわばりをほぐして座り仕事が続いても疲れにくい体にしましょう。

 

そのための部位ごとにストレッチの方法を紹介していきますよ!みてーな流れです。

 

実際に多少ためになったこと

ストレッチの方法や足を組むと骨盤がずれるとか、どうして猫背になるのとかを解説されたりしていますが少し考えればなんとなくわかっているようなことばかりでしたのでゼロとは言いませんがあまり参考にはなりませんでした。

 

ただ私がためになったことの1つで、ストレッチの理論がよかったです。

 

ずっと疑問に思っていた「筋肉をストレッチするときに一体どれぐらいの時間をかけるのか」が1番効率が良いのかと言うものが本で紹介されていたことです。

 

1つのストレッチでは1回20秒が基本となる

 

この本によるとどうやら長いだけでもダメだし短すぎるだけでもダメらしいです。

 

今まではストレッチを中学生ぐらいから長くやっておけばとりあえず体にいいと思ってやってたのでこの20秒と言う基準を知れた事は少しだけよかったです。

 

1回目のストレッチでは筋肉はそんなに伸びない

 

硬くなっている筋肉を1回目のストレッチで伸ばすと脳がきついからやめてくれと言う信号を出すから伸ばすと言う意味ではあまり効果が期待できないと言うことです。

 

2回目や3回目以降からようやく筋肉を伸ばすストレッチが可能と言う事実を知りました。

 

これも私は昔から1回ストレッチしただけで終わってしまっていたので、今までのストレッチは一体何なんだと非常に憤慨いたしました!

めんどくさいですがストレッチは同じ箇所を2回以上はやっておいた方が効果は期待できそうです。

 

ストレッチ中の休憩は一瞬

 

ワンセット目のストレッチを終えてその間に休み過ぎてしまうとまた1回目でやったきついからやめてくれと言う信号が脳から発せられてせっかくやった1回目のストレッチの意味がなくなってしまいます。

ですので長い間休むよりは一瞬だけ休んで一気にストレッチをかけて終わらせてしまった方が効率が良いと言う事実です。

 

部活のストレッチの時にあの休んでしまった休憩時間は全て無駄だったんだなと思いこれも今更になって憤慨しています。

 

デスクトップは良いけど、ノートパソコンの使用を控える

 

デスクトップよりもノートパソコンの画面は低い位置にあるので前傾姿勢になって猫背や巻き肩をどんどん助長していってしまいます。

確かにあまり意識はしていなかったです。

 

 

リモートワークやビートメイクをするときは体の姿勢的にデスクトップのPCの方が疲れにくい体にはなりそうです。

でもノートパソコンでトラックメイクしてる人はめちゃめちゃかっこよく見えますけどね。

 

この本を読んで良かったなと思った知識は正直これぐらいになります。

 

もちろんこれは僕個人の意見になりますので、今まで1度も部活やスポーツでストレッチなんて一切したことないなって人には目からウロコの情報が詰まっているかもしれません

 

私も1300円中20円位の知識の価値をいただくことができたんじゃないかなと非常に満足しております。

是非とも騙されたと思って買ってみてください!

コメント

タイトルとURLをコピーしました