50,000円台でヴィンテージっぽいアナログなマイクプリが欲しい!?ラッパーの宅録に最適、Focusrite ( フォーカスライト ) ISA One Analog!

音楽

今回はラッパーやシンガーなど宅録をされている方達にお勧めです。

 

楽器やボーカルなどを録音する時に絶対必要となってくるのが、パソコンとDAWソフトとオーディオインターフェイスです。

オーディオインターフェイスは場合によっては入らないと言うストロングスタイルもいらっしゃいますが、おそらくだいたいの方は使っていると思います。

 

今あげた三つの機材にマイクをつないで自分の声をレコーディングして行くのですが、その際にあったら便利と言われるものにマイクプリという機材があります。

 

絶対になくてはいけないというものではなくオーディオインターフェイスにマイクを直づけでレコーディングする方もいると思います。

なぜマイクプリは必要なのか!無くてもよくね!?

それはマイクの信号があまりにも微弱なので、太く大きくマイクのゲインを持ち上げるためにマイクプリが必要と言われています!

なくても録音できない訳では無いですが、

ただここにひと手間マイクプリを噛ませることによって非常にふくよかな太くて暖かい音色を 手に入れることができます。音質や入力ボリュームもコントロールできます!

 

私は始めた頃おそらく soundhouse の大定番とされる1万円ぐらいの安いマイクプリをずっと使っていました。中に真空管が入っていて1万円でもないよりは全然マシで。ボーカルが前に出てきてくれます。

たまにスタジオとかライブでも使用したことがあるんですが、たかが1万円のマイクプリでもあった方が非常に心強かったことを覚えています。

これです↓

ただしこの1万円のマイクプリは真空管が入っているのでいずれは必ず劣化してきてしまいます。真空管のみを取り替えることも出来るのですが、正直1万円なので買い替えてしまった方が早いと思います。

私も買い換えるタイミングでずっと次のマイクプリを何にすればいいのか迷いの森をさまよっていました。

マーにゃん
マーにゃん

マイクプリの種類が多すぎてサウンドハウスやアマゾンのレビューなどを参考にしようとしても結局数が多すぎてわけ分からなくなってしまうパターンなのです。

しかも私が使う用途としては歌やギターなどの楽器を通すわけではなく、RAPですのでますますわからなくなってきます。

 

私の座右の銘としては調べるよりも使ってる人に図々しく聞いてしまった方が早いのです。

特に私なんかよりも数ランク上の耳を持っている人が実際に現場で使用していて、しかもヒップホップやダンスミュージックなどのジャンルに精通している DOPEな人間を丸パクリ、いやサンプリングすればいいのです!

 

価格帯で言えばなるべく安い方がいいのですが1万円や2万円台だと正直前のマイクプリとそんなにクオリティは変わらないと思ったので。

大体6万円ぐらいのちょうどいいマイクプリを探していました。

10万以上ださないっていうのが僕のプライドであり、チープな機材を駆使してデカい山をゲトるのがヒップホップな気がするので そこは徹底していきたいと思います。

決して金が無いわけではありません

 

そこで僕はフォーカスライトと言うマイクプリに前々から目をつけておりました。

Focusrite ISA One Analog !!

 

そこでこのマイクプリって音いいのかなっていうのを誰かに聞きたいなと思いまして、信用できるSTUDIO BRIDGEさんに遊びに行くがてらエンジニアの方に質問してみました。

 

そしたらなんとそこのスタジオブリッジでも同じマイクプリを使用していたのです。

 

スタジオブリッジさんはかなり前から良質なヒップホップを量産しているのでこの人が使っているなら間違いないなと確信しました。確かな情報が欲しかったのです!

 

その時にいろいろ熱弁していただいたんですが、手っ取り早く言うと機材界隈の生きる伝説と言われている「ルパート・ニーブ」という人がこのマイクプリの設計に携わっており低価格な上に非常に音像に優れているというのです。

 

ただし僕はラッパーなので、どんなにすごくても自分の耳で一度確認してみないと勘ぐってしまうのです。

とりあえず速攻フォーカスライトをアマゾンで購入してみました!

フォーカスライトの音質ってどんな感じ!?

最初の感想はただデカい!!

 

肝心の音はと言うとまずノイズが一切なくて非常にクリアな印象でした!

前使ってたマイクプリはボリュームを上げるとやっぱりノイズが気になってイライラしてたんですが、今回はクリアに透き通ってるようなイメージです。

 

それでいて音に丸みが出るような感じで、 MPC2000とかを通したような温もりを感じる出音です。 わざとらしくなく声に芯を持たせてくれるので非常にびっくりしました。

 

クリアな音なのに丸みを帯びているこの相対する性質が同居していることがこのフォーカスライトの強みなんじゃないでしょうか!

入力数も豊富です!

マイクのゲインも+80まで上げることが可能で、ボタン一つでサウンドキャラクターを変更する事が出来ます!

 

今のところずっとレコーディングで使っていて不具合も特にありませんし、違うマイクプリにしたいなていう欲ももう出てくることはなくなりました

 

フォーカスライトISA Oneのデメリットとは!?

 

デメリットとして皆さんフォーカスライトがデカすぎるというのをよく耳にするんですが。

確かに最初見たときなんか違うプラモデル頼んじゃったかなと勘ぐっちゃうほどデカかったです。

前に使っていたマイクプリの冗談抜きで6倍ぐらいの大きさです。

しかもまあまあ重さがある。

 

ですが僕的にはこのごつい見た目が MPC と一緒で最高な気分に浸らせてくれます!

カラーリングも本当にガンダムみたいでヴィンテージ機材感を出していて最高です。

 

 

フォーカスライトを取り出して机に置くときああこれからレコーディングするんだなと言う気持ちのスイッチの切り替えにもなります。

 

ラック式のアウトボードを使用してる方はかなりウザイかもしれませんね。

横のデザインもかっこいいです!

持ち手も付いてます!

スタジオなどに持ち運びは結構ツライですが、

ただ肝心の音が良いので私はあまり気にならなかったです。 

 

もしも5万円台で手っ取り早くビンテージな空気感をプラスしたい、ラッパーやボーカリストには大変オススメです。声の存在感が何割も増してくれるでしょう!

 

もちろんギターやベースなど他の楽器に挿しても同じような効果が得られるのでトラックを作っている方にもお勧めです。シンセの汚し役としてもおすすめ!

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました