音楽マンガの最高峰!BLUE GIANT (ブルージャイアント)の格好良さについて!

本日は数少ない集めてる漫画についてご紹介して行きたいと思います!

BLUE GIANT (ブルージャイアント)とは

この漫画は石塚真一さんによって書かれているビックコミックで連載しているジャズがテーマの音楽漫画です!

石塚先生の著作だと「岳 みんなの山」なども最高です!

BLUE GIANT (ブルージャイアント)の意味とは

これは青い巨星という意味で、世界一輝くジャズプレーヤーの事を指すそうです!

一応漫画の中で解説されているシーンがあります。

私も全く知りませんでした!

BLUE GIANT は簡単に言うとどんな話!?

簡単に言えば仙台市に住む主人公の宮本大がジャズプレイヤーとして各地を転々としながら仲間たちと切磋琢磨し世界一のプレイヤーを目指すと言うバトル漫画ではありがちなストーリーです!

最初は仙台から始まり、東京、ドイツやシアトルにまで舞台が実力によってどんどん変わって行きます。

そこでの出会いが最高にドラマチックで見所です!

ちょっとでも音楽が好きならこの漫画を否定することは出来ないでしょう!

 

漫画BLUE GIANT のメリット

一冊で一回は泣く

感覚で言うとスラムダンクのラストシーンが一巻に一回あるぐらいな感じです。

泣きが入る頻度はちはやふるよりも多い印象です。

ここまで感動さしてくれる漫画はかなり珍しい部類です!

情熱の塊を読む事になる

人間のたちが織り成す情熱の塊に貴方は触れる事になります。

主人公がだけが主役では無く、音楽に関わる人全てが誰一人欠けては行けないんだと思い知る事になります。

伸びきったお前の鼻っ柱を輪切りにされる事間違いナシです!

音が聞こえる気がする

あまりの情景描写のクオリティーの高さに爆音が絵から聞こえて来てしまいます。

漫画が想像の範疇を超えて来る瞬間に貴方は出会えます!

 

人との出会いがあり、必ず別れがある

出逢うだけではなく必ず宮本大は離れます!

 

ジャズは非常に流動的な音楽なので、1つのバンドに長く留まることがあまりありません。

さらにヤバい奴らに出逢いに転々と組むバンドを変えるんですが、せっかく友情が芽生え始めたところで必ず別れが来ます。

悲しいですがここがこの漫画の醍醐味であり非常に特徴的な部分です。

マーにゃん
マーにゃん

人と人との間の摩擦で音楽が紡がれていくのが解ります。

決して音楽だけでは無い

この漫画では生活の部分も多く描かれていて。

音楽以外にも普通に仕事をしたりライブさせてくれる場所を探したり、ただの練習シーンもリアルに描写されています。

音楽だけでは賄えない現実の部分をはしょらずに見せてくれるので、そこから感情移入する部分も多くあります。

セリフがないシーンが面白い

あえて台詞が全く無い描写もあるんですが、言葉を排除することによってより濃密な想像力を働かせる事になります。

あえてリスナーに身を委ねるスタイルが効果的に感動を生み出してるとも言えます!

普段は台詞は結構あるんですがいきなり無くなるとこの違和感が最高になって来ます。

過去から伝記のように語られる

一番最後のページは遥か未来から登場人物たちが回想するようなシーンを設けていて大との過ごして日々をインタビュー形式で語っています。

もう既に宮本大がトッププレイヤーになっている程で語られている所が非常に面白いです。

物語に引き込む大事な要素になっています。

これは努力の漫画である

宮本大は類い稀なる才能の持ち主ですが、そこには膨大な積み重ねと試行錯誤があります。

ナルトで言えばロックリーの様なスタイルです。

物語を通して一緒に旅をして、一緒にスキルアップして成長していく感覚を味わえる漫画です。

はじめの一歩やイニシャルDもそうですが、名作には必ず膨大な練習シーンが描かれている筈です

読み終えた後いつもモチベーションに火が付いている状態になってしまいます。


 

BLUE GIANT のデメリット

つい昂ぶってしまう

感情に浮き沈みが激しい作品なので、読み終えた後に放心状態か気持ちの高ぶりを抑えることが出来ずに皇居前をランニングする羽目になってしまいます。

寝る前など夜中に読むのはやめた方が良いかも知れません!

 

JAZZを知った気になって人に嫌われる

一緒に旅をした気になって急にジョンコルトレーンを聞き始める様になります

伝説のトラックメイカー
伝説のトラックメイカー

モダンジャズのモの字も知らないのに知った気になってしまうのです!

確実に周囲から疎まれる存在にstep upする羽目になります。

気をつけましょう!


 

総評はこんな感じです!

音楽が好きな人は絶対ですが、音楽を全く知らない人たちの間でも広がりつつあるので本当にオススメです!

BLUE GIANTは近々アニメ化されるらしいので更なる広がりを見せてくれると思います!

間違い無いので是非!

 

コメント

  1. […] 更に音楽漫画に没入したいハードリスナーはこちら! […]

  2. […] さらに情熱的な音楽漫画をお探しならコチラ  […]

  3. […] もっと熱い漫画が読みたければコチラ! […]

タイトルとURLをコピーしました